急にLINEが来なくなった・・・付き合う前の年下男性の心理【決定版】

年下男子

盛り上がっていたLINEが減ってきた、いい感じだと思っていたのに急に彼がそっけなくなってしまった、気が付けばいつも自分発信の連絡ばかりしている。
こんな状況のとき、もうこの恋は終わりに向かっているのかと心配になりますよね。

ですがネガティブになって、早々に答えを出してしまうのはもったいないです。

きょうは、急にLINEの頻度が減ってしまったときの年下男子の心理とその対処法を、客観的な目線から解説していきます。

話のネタ切れが原因

連絡先を交換してすぐのころは、どちらからLINEしようか、何を話そうか、いつLINEしたらいいかなど、とにかくすべてがドキドキで楽しいものです。

ところが文章でのやり取りだけでは話せることが限られていますし、だんだんと内容がパターン化してしまうことがあります。

いつもの時間に「おはよう」お昼に「いま休憩」学校や仕事が終わったら「いま終わった」が基本の柱になりますが、特に変わったことが起こらなければそれ以上は日常の報告のような連絡になりがちです。

 

LINEとはひとつの会話ツールではありますが、本来はただの連絡手段ですので、内容が楽しいということのほうが稀です。

 

まだお付き合いする前にこのような落ち着いた連絡内容になってしまうと、当然ネタ切れになってしまうこともあります。

 

あなたに合わせようとしている

あなたは頻繁に連絡を取り合いたい方ですか?

もし会話のネタに困った経験などないくらいにおしゃべりなら、きっといつでもLINEしたいはずですし、毎日彼と連絡を取り合いたいと思うかもしれません。

 

でも実際そこまでおしゃべりなタイプではなく、ほかにやることがあって自分の時間がほしいタイプならそれは彼もうすうす感じているはずです。

 

なぜなら、むしろ男性のほうが自分の時間を欲しがる生き物だからです。

 

もちろん友達なら何てこともない会話をしますが、短くてシンプルな文章でサクッと終わらせます。

 

ところが世の女性たちが連絡の頻度や絵文字の有る無しで「冷たい」などと言うことを知っているので、サービス精神でLINEにつきあっている場合もあるんです。

 

あなたがそこまでLINE自体にこだわりがない女性であれば、それを察して男性側も連絡に関しては受け身になることがあります。

LINEが必ず返ってくるのは脈あり?年下男性がどうして既読スルーしないのかについて解説
いまやLINEは恋愛に欠かせないツールなだけに、その返信速度や相手の反応の良し悪しが気になるものです。 中でも、まだそれほど親しくない関係なら返信があるだけで嬉しく感じますよね。 じゃあ送ったLINEに必ず返信してくれる相手の気持ちが、...Read more

年齢を気にして自信をなくしている

男性にとって、年上のあなたはやはり大人です。

あなた自身がそんなつもりはなくても、ふとした場面で彼はあなたより幼い自分を感じています。

こればかりは変えようがないことですが、できることとしては、かっこつけずに自然体で話すこと。
これしかありません。

年下の自分には、年上のあなたを楽しませる会話なんてできない、となって自信をなくしてしまうとなかなか気持ちは回復してきません。

男性は非常にプライドが高く、想像以上に繊細です。

関係が出来上がるまでは「かわいい」というほめ方はNGワードにしておきましょう。

 

自然にフェードアウトしようとしている

残念ながら脈無し。このパターンの時にもLINEは来なくなります。

理由はいろいろあるのでしょうが、いまはこれ以上先に進むのは難しいという、彼なりの答えが出たということです。

 

フェードアウトってどうなの・・正直ずるい
と思いたくもなりますよね。

自分だけで納得して相手に気持ちを伝えないというのは、やさしさではありません。
あなたの気持ちを軽く扱うのと同じことです。

もしあなたがどうしてもこの関係の締めくくりをはっきりさせたいなら、
「連絡くれなくなったね、好きな人でもできた?」とはっきり聞いてみましょう。

 

そこで彼が「そんなことないよ」と濁しつつ、さらにフェードアウトを狙うようなら、はっきり言ってお付き合いしなくてよかったタイプです。

話し合おうとしない人とはどんな関係も築けません。
次行ってみよう!でOKです。

あなたの気持ちを試そうとしている

あなたと同じように、彼もまたあなたの気持ちがわからず、どうしたらよいか悩んでいる可能性があります。

 

もしかしたら彼の過去に、相手を追いすぎてダメになった恋があったかもしれません。

自分から連絡するばかりで都合よく扱われたり、付き合っていると思っていたのにセカンド彼氏だったり、、

だからこそ、夢中になる前にあなたの気持ちを探りたいという心理が働いてもおかしくないですよね。

 

彼からの連絡がなくなってさみしいのなら、数日開けてあなたからLINEしてみましょう。

できれば彼が好きな話題で、短くて楽しい会話になるように考えてみてください。

関係を続けていきたいのなら、決して重くならないようにすることが大切です。

 

まとめと大切なアドバイス

LINEは連絡手段と捉える男性がほとんどですが、好きな女性なら別。

手に入れるまでは頻繁に連絡して仲良くなろうとするものです。

 

いまLINEがないのであれば、それは紛れもない一時停止ということですが、悲観する必要はありません。

なぜなら、急激に熱くなった関係は冷めるときもまた急激だからです。

 

本当は付き合うのがゴールではなく、いつまでもラブラブでいたいというのが願いじゃないでしょうか。

長い恋人関係の中で、気持ちに浮き沈みが出ることもあります。

今だけを悲しまないで、どんなときも彼とあなた自身の幸せをいちばんに考えて進んでいってくださいね。

 

年下男子の本気度はわかりにくい【こっちから攻めずに落とす方法】
こんにちは、恋多き女アコです。 最近キュンとした瞬間は、コンビニのお兄さんが背後から缶チューハイを取ってくれたとき。 と、まあ、自分の話はいつかの機会にして 今日はわかりにくい年下君の本気度と、あっちから来てもらう方法について語ってい...Read more
タイトルとURLをコピーしました